2012年12月2日日曜日

■『再生可能エネルギーがそろわないと脱原発できない』?~FB高橋仁也さんより(クリックすると拡大します)


■・・・政党のありかたが問われる選挙です・・・詳細はhttp://www.jcp.or.jp/ へ 


■『卒原発』って、何年後のことでしょう?


   
画像をクリックすると拡大します。

詳細はこちらから。

■原発を超えた、企業発電の力:高橋仁也さんフェイスブックより

あなたは、どう思いますか?

左側の文章も、下の図も クリックすると拡大します。
説明を追加

■絵本 「戦争のつくりかた」


「憲法を変えて、軍隊をつくる!」ということを明言して、選挙に臨む人たちがいます。


この本を読んでみませんか?
webで読める 絵本です。


本をクリックすると、ページが開けます。

2012年11月28日水曜日

■一人ひとりが周りの人に話しかけ、政治を変えるために参加する選挙に

11月24日夕張演説会で・・・


「3年前夕張高校で教頭として勤務し地域の方々に大変お世話になりました」とまずお礼と、
夕張で過ごした日々を語りました。

また、候補になるまでのいきさつを話し「退職したら、共産党員として心ゆくまで活動したいと思っていた」こと、

「情勢の重大さに責任を感じている。火の玉になって頑張りたい。」

「この選挙は、皆さん一人ひとりが周りの人に話しかけ、政治を変えるために参加する選挙です。ご一緒に議席倍増をめざし取り組みましょう」と訴えました。



また、夕張問題では・・・
9月、政府交渉に参加し、三者協議で夕張に来た総務省の担当者が対応する中で、

大門参議院議員が、「夕張だけ特別扱いするな、と批判する自治体があると答えたが、国会質問の中で問いただし、それが事実ではないことを確認済みだ」と厳しく指摘すると、担当者は謝罪をした。


「この選挙で国会議員になって、夕張問題を解決する力になりたい」と熱意を語りました。




さらに、 「四つの改革ビジョン」を
党の改革ビジョンを4つのポイントにまとめ、

「即時原発ゼロの実現」   「消費税に頼らない別の道」    「オスプレイやTPPのアメリカ言いなり中止」  「領土問題は歴史的事実と道理に立った冷静な外交で」  と説明。
大きな共感の拍手をいただきました。


夕張市長、議長からメッセージもいただきました。



 

2012年11月24日土曜日

■本日、夕張演説会です。

本日24日、13時30分より

夕張 はまなす会館
大会議室です。

ぜひ、お越しください。

2012年11月23日金曜日

■11月24日は夕張演説会~ぜひお越しください!

11月24日は夕張で演説会です。



11月24日 13時30分より
夕張市 はまなす会館大会議室です。



市内の皆さん、お近くの皆さん、ぜひお越しください。

2012年11月22日木曜日

■『かけある記』-いよいよ闘う時くる

 いよいよ闘う時が来ました。15日(木)女性キャラバン1日目。5市2町駆け巡っての街頭演説。終了後、砂川で20名参加してのつどいに参加しました。

 16日(金)夕方の解散時、砂川の商店街訪問の途中でした。テレビの万歳シーン映り「いよいよですネ」と、声をかけていただきました。

ある商店では、家族・友人5人いらっしゃり、増税許されないと共感していただき、全員と握手しました。

また、昼には道新の取材を受けました。この日は56件訪問となりました。

 17日(土)100名参加の滝川市での演説会で訴えました。意見交換では、21歳の青年が心中の思いを述べ、支持を広げると発言しました。

 18日(日)、2度目の女性キャラバン。午前9時前に出発し、留萌など7市町駆け巡り、雪交じりの雨の中、街頭演説を行いました。留萌で10名、深川で40名など、支持者・後援会員の方に駆け付けていただきました。

 ある新聞社から、こんな天候でも予定通りやったんですか?と、問い合わせあったと、終了後お聞きしました。
 
 皆さん、いよいよ、文字通り本番の闘いです。自民党型の古い政治と日本共産党が示す新しい政治、この対抗軸をしっかりにぎり、政策を力の限り訴え、がんばりぬきます。


 各社いつも発表する支持率調査は「無視」です。有権者に4つのビジョン・提言を訴え、「提言し行動する」党の値打ちをわかっていただく働きかけ一直線、火の玉になって頑張る決意です。

 支持を広げること、自力の活動がどれだけ前進するか、そのことが大躍進を果たす力です。心を通い合わせること大事です。

 寒さ強くなる季節、身体をいたわること忘れず、文字通り短期決戦、ともに頑張りましょう。

2012年11月11日日曜日

■『かけある記』-対話の大切さ実感

 情勢の動き・発展はすさまじいものです。

 3年前の事を思い出します。総勢300名を超す民主党議員団の会議の場面をテレビで見たときの気持ち、今でも覚えています。

 いつかこれに匹敵する日本共産党議員団総会を現実にしたいと思った時の悔しさを、今、思い出します。

 今日、民主党議員団は、衆議院過半数割れ目前・崩壊寸前です。

 国民が反対・解決を求める諸課題で、次々と虚偽を繰り返し、国民の声を無視した民主党です。国民の大多数が政治姿勢そのものにそっぽをむいています。

 3日づけ道新、疑問・お叱りぶつけてください、野田首相の写真掲載「民主党施策進捗報告会」開催案内全面広告を見て、国民の目を切り抜けようとする魂胆見え見えで、唖然とします。

 さて、私事で恐縮ですが、先日、長女に第1子・女の子初孫が誕生しました。豆粒のような子です。
 お祝いに来てくださった年輩の方から、予定候補の私に率直な質問をぶつけられました。「財政危機だ、生活はみんな大変だ。日本にはお金がない。どうしたら日本はよくなるだろうか。教えてほしい」

 私はこう答えました。「赤字国債に頼る財政ですね。暮らしと営業どこでも大変です」と、これには実感で同意し、「お金はあるんです。資本金10億円以上の大きな会社に内部留保、氷漬けのまま266兆円あります。給料を少しでも上げるなど、社会へ還流させることを政治の力でつくることで、お金が回り始めるんです。この経済改革が大事なんです」ー民主党・他党には絶対答えることができない答えです。

 その方、「初めて聞いた」と言いました。続けて最近のニュース、大金持ちの人数が、日本はアメリカに次いで世界第2位になったことも話題にしました。その方に安心の表情が確かによみとれました。

 対話の大事さ、実感です。寒さ強くなる季節、身体をいたわり、頑張りましょう。